2018年5月21日月曜日

近況報告とアピール

皆さんこんにちは。
地域医療のススメ専攻医の佐々木です。
今年度から市立奈良病院の総合診療科で研修をしています。
昨年度までは、奈良市立都祁診療所で勤務していたので、一年ぶりの病院勤務で、病棟患者を担当することになりました。
病棟管理を久しぶりに経験するとわからないことだらけ・・・
慣れていないせいもあり、他業種の方にも迷惑をかけていると実感しています。
もともと勉強ができる訳はないので、態度で点数を稼ぐほうですが、家庭を持つとなかなか点数を稼ぐことが難しいと感じています。しかし、市立奈良病院の総合診療科の先生は、フォローをしっかりとしてくださる先生方が多いので、非常にやりやすい環境が整っています。
その環境に甘んじることなく、しっかり精進しなければならないと思っています。

最後に・・・少しだけアピールを。
昨年度から本格的に奈良市内の地域医療振興協会の病院で働いています。
市立奈良病院、都祁診療所、その他応援で奈良市内の協会関連の診療所に出向くことがあります。そこで色々な方向からの見方を学ぶことができると思います。また、病院から診療所に紹介する患者、診療所から病院に紹介する患者をずっと追うことができるので、患者家族との関係性を構築する上で、どちらの状況もしっかり理解することが出来て、非常にメリットになり、やりがいがあると感じています。
興味があれば、奈良で皆さん働いてみてください。



地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2018年5月17日木曜日

近況

ススメ専攻医の坂上です。
2度目の産休育休をいただいたのち、また3月から復職しました。
東京北医療センター総合診療科で研修中です。

研修制度変更がありましたが、当院には今年も新しいシニアが入職してくれました。人数がさらに増え活気にあふれています。

このところ、これまで元気だった方へterminalの告知をする機会が立て続けにありました。より良い終末期をすごすためには詳細で丁寧な病状説明を行い早くから計画をたてていくことが必要な反面、精神的な動揺をできるだけ受け止めケアしていくことも必要であり、その難しさに悩みながらも興味を持ちました。
治療への希望をすてられず専門病院への紹介を希望される方もいれば、できるだけ自宅での時間を多く過ごしたいと在宅医療を選択される方もいます。個人によって希望が全く異なるので病状説明や病状決定の際は、個々の症例によって相手の反応を見ながらこちらの提案を柔軟に変えていかなければなりません。そして私からの提案は、その方の終末期の満足度へ直結する可能性が高いので、大変緊張します。また、Bad news tellingを相手が希望することはないということから、これを相手を満足させるように成功させることは不可能だということを毎回実感します。そんななか、信頼関係を保ちつつ少しでもこの医師に相談してみようと思っていただけるように思考をめぐらせている今日この頃です。


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2018年4月29日日曜日

東京ベイER研修中!

 当ブログをご覧の皆さん、はじめまして。
 4月から地域医療振興協会の後期研修プログラム・地域医療のススメに所属することになりました、S1の小山元気と言います。
 現在は東京ベイ浦安市川医療センターのERにて研修をしております。
 今回が初めての投稿となりますが、今後また機会があるようであれば、地域医療のススメを進路に検討されている方や、当協会の所属施設に研修予定の方にも参考になる情報をお伝えできればと思います。
 まずはこの東京ベイのERで、約1か月働いての所感から。

 東京ベイ浦安市川医療センターは千葉県浦安市の北部に位置しており、近隣の市川市や船橋市、東京都江戸川区などからも救急搬送依頼が送られてきます。
 当院のERには本当に幅広く患者が来ます...基本方針として"救急患者を断らない"と公言しているだけはあります!
 その中で軽症から重症、蘇生処置が必要な状態まで様々来院しながらも、スタッフや先輩の先生方からたくさん支えてもらいながら数多く経験でき、更には救急部で完結せず次の科に回すために一歩踏み込んだアセスメントが出来るように丁寧な指導も受けられます。
ここがとても売りなのだと思います、個人的には研修期間で割り当てていただいた3か月だけで終わらせるのがもったいないくらいです...。
 加えて積極的にリサーチも行っており、症例報告や観察研究など盛んな報告がなされており、そのチャンスが回ってくることも多々あります。
 また、シフト制のためON/OFFの切り替えもしっかりと出来るのは大きな魅力です。
OFFの時間には浦安駅前のシミュレーションセンターで手技を磨くこともできますし、勉強に費やす時間もしっかりと確保できます。時間に余裕のある時には自分でドライブに行ったりもできますし、旅行に行くという先輩も居られます!
 今はまだ始まって1か月と満たないため日々の振り返りで精一杯ですが、慣れてきて動けるようになった時に、自分がどれだけ成長できたか実感できるのでは...と、とても期待しているところです!
 幅広く確実な力をつけるためにはもってこいの研修先だと思います。大変、おすすめです。

 一応このあたりで区切ることにしようと思います。他の方々も随時更新していくことと思います、是非お楽しみに!

 また次回があればお会いしましょう。
小山元気でした。

地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2018年3月31日土曜日

平成29年度も終わります

プログラム責任者の井上です。

 今日で平成29年度も終わりですね。
東京ではお花見も終わりそうですが、湯沢もさすがに街中の雪は無くなりましたが、まだゲレンデではスキーができます。桜が咲くのはあと2週間はかかると思います。

 さてみなさまはどんな一年だったでしょうか?
ススメの専攻医のみなさんも楽しかったこと、忙しかったこと、辛かったこと、勉強になったこと、色々あったと思います。専攻医のみなさん、今年度もこのブログにたくさん投稿していただきありがとうございました。

 来年度からは新専門医制度での総合診療研修が始まります。我々「地域医療のススメ」は東京北医療センター・区立台東病院・市立奈良病院の3つの基幹施設でプログラムを運営します。
 それぞれに新人が来ることになっていますので、新人の専攻医たちにも来年度から投稿してもらう予定です。

 来年度もよろしくお願いいたします。


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2018年2月27日火曜日

埼玉ポートフォリオ発表会 

久しぶりの投稿となりましたが、S3児玉です。現在は台東病院の総合診療科で研修中です。

さて、2月26日に埼玉県ポートフォリオ発表会に参加させていただいたので発表させていただきます。
会はどのようにPFの題材を見つけ、指導医としてサポートし、実際に書いていくのかというとことを指導医、専攻医でディスカッションするところから始まりました。

後半は専攻医からPFの事例提示で、BPS、チームネットワーク、業務改善のPFが提示されました。東埼玉病院の専攻医1年目の発表は秀逸で、刺激を受けました。私は湯沢町保健医療センターで経験した褥瘡の被覆材「オムツラップ」に関する業務改善の発表をさせていただきました。

どのプログラムもPF作成について困っているようです。そんな中ススメの年3回のミーティングとweb上の会議は結構イケているシステムなんだな、と感じました。

残り1年でPFを各ヒントをたくさん得つつ、自分たちが良い研修をできていることを再認識しました。



地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2018年2月13日火曜日

冬ミーティングと与那国支援

地域のススメS2宮奈です。
 今年行われた冬ミーティングと与那国支援につきまして簡単ではありますが報告させていただこうと思います。

・冬ミーティング
 担当患者さんの急変対応があったため、1日目は最後のセッションのアドバンスケアプランニングしか参加できませんでした。このセッションは「もしバナ」ゲームを使って行われました。「もしバナ」ゲームとは、人生の最後にどう在りたいかという難しい話題を、ゲームを通して皆で考えたり話したりするゲームです。家族や友人との相互理解を深めるきっかけとなるよいツールであると思いました。
 2日目は各自ポートフォリオを提出し、グループ毎にそれぞれのポートフォリオについて話し合いました。自分にはなかった様々な考え方や視点などを勉強させていただき、これからのポートフォリオの作成や日々の診療に役立つ内容であったと思います。

・与那国支援
 2月上旬1週間の勤務でした。私は普段主に総合診療科で研修させていただいており、内科的疾患のある患者さんを多く担当しております。今回地域の診療所で仕事をさせていただくことを通して、整形外科の知識が足りないことを痛感しました。東京に戻ってきて再度教科書を開いているところです。また診療所では、特に具合は悪くないけれど、不安があるので話しだけしに来たとおっしゃる年配の方が3人程いらっしゃりました。話をしっかりお聞きし、不安を取り除くことも地域医療の大事な仕事の一つであると改めて感じております。

 まだまだ勉強が必要ですが、1歩1歩着実に進んでいこうと思います。


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2018年1月26日金曜日

-20度の夜

現在北海道のいけだ町にある十勝いけだ地域医療センターに勤務させていただいています。私は夫と子供と3人で4月からこの地に赴任してきました。帯広空港から1時間弱の所にあるこの場所に住み始めて早9ヶ月経ちましたがここで子育てができて良かったな、と改めて思っています。春夏秋冬に分けてこの1年の過ごし方を振り返ってみたいと思います。

春 正直どこにいっていいかわからず、あまり北海道を楽しめていませんでした。同期で同じように子持ち夫婦がいましたので2家族でどこかに遊びに行くことも多かったように思います。

夏 本州と違いカラッとした気候なので毎週のように公園に遊びに行っていました。北海道の公園は1つ1つの規模が大きくて、何haとあるものもザラです。公園内に湖があったり人工の川が流れていたり…中にはゴーカートがある公園だってあるんです!

秋 夫の両親と私の両親で旭川〜帯広区間を北海道旅行に行きました!こんな家族サービスができるのも北海道ならでは。

冬 正直ずーっと家にいます。でもかなり過ごしやすいです。北海道の家や施設はどこもかしこもあったかいので本州よりも寒いと感じている時間は少ないかもしれません笑
今度子供とソリ遊びをしに行こうと思っています。

こんな風にどんな季節でもたくさん楽しませてもらいました。北海道では道を走っていると家畜だとしても笑、牛や馬、羊などたくさんの動物がみれるので子供が動物好きになりました。そして男の子にとっては働く車の宝庫!移動時間が長くても外を見ていちいち感動しています。

十勝いけだ地域医療センターは職場としても最高ですが、子育て世代の私たちにとっては子育て環境としても最高でした!
子育て世代の皆さん!いけだに働きに来てください!働かなくてもドリカムとワインの池田町に遊びに来てください!

十勝いけだ地域医療センター  山田恵梨子







地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>