2016年8月16日火曜日

夏期セミナーでセッションをしてきました!

こんにちは、井上陽介先生のお膝元、湯沢町保健医療センターからS2の児玉です。
今回はS3の井上博人先生主導のもと、湯河原で毎年8月に行われている夏期セミナーにススメとしてセッションを企画し、無事に終えることができたので報告します。

「学生家庭医療のための家庭医療学夏期セミナー」(通称:夏セミ)は家庭医療に興味のある学生研修医が夏休みに3日間集まって、講師を招いてワークショップを受けたり、仲間の絆を深め合っている、PC 学会の行事です。毎年全国からたくさんの学生、研修医の応募が殺到し、異様な盛り上がりを見せます。僕自身は、昨年の「診療所あるある」に続いての講師参加でした。3日目の月曜日ということもあり、学生さん中心の参加者でした。
 今回のテーマは「患者さんを幸せにするマネー¥ジメント」。介護保険の仕組みについて知ってもらい、ケースを通して制度を使ってもらう体験をしてもらいます。最後にお金がなかったらどのサービスを選ぶ?という仮定の下に、経済的に豊かでない患者さんの大変さを感じてもらいました。低学年の学生さんにはほとんどなじみがない内容なので、議論がスムーズに進むかに少し、不安がありましたが、垣脇先生のアイスブレークで和んでもらい、僕の介護保険のレクチャーも、クイズを駆使しながら何とかお船漕ぎは1、2人だったように思います。小林先生の症例提示のあとのグループワーク①、松本先生のお金がない時にどのサービスにしぼるか?のグループワーク②は多くの参加者さんが僕たちの誘導にうまく乗ってくれて、様々な意見が出てきて盛り上がりました。「施設入所の奥さんに会いたいだろうから、面会のためのヘルパーさんを週1回入れます。」という意見はさすがは家庭医療に興味のある学生さんだなと、感心させられました。
 終了後のアンケートの意見も上々で、全体的にはかなり成功だったのではないかと思います。スタッフ振り返りでも来年も同じなようでさらに磨きをかけて出すのもいいね、という感じでまとまりました。

なお、今回企画に参加してくださった先生方は
専攻医:井上博人先生、小林先生、松本先生、児玉
初期研修医:垣脇先生(奈良J1)、(園田先生(東京北J2))
指導医:菅波先生、調先生、(高橋毅先生)   ( )は事前準備のみ

でした。皆さん本当にお疲れさまでした。今回は専攻医主体でできたこと、初期研修医の先生も参加してくれたことが大きな収穫だったのではないかと思います。自分としては、実ははっきりとは分かっていなかった介護保険の知識が整理されたこと、プレゼンやセミナー企画、ファシリテーションといった日常業務ではなかなか鍛えられない能力をつける、よい機会だと感じました。
反省点としては
・プレゼンでワークに使う内容を強調する
・配布資料がやや複雑、ワークと関係ないスライドがあるなど、ノイズを減らす
・家族図を書いておくなど、ホワイトボードの使い方を指定する
などができればより洗練されたワークショップになっていくんではないか、という感じでまとまりました。
来年はさらに低学年の専攻医にも関わってもらって、ススメの存在を全国の学生さんに伝えていきましょう!

「お金がないなら何を削ろうか〜」と悩む参加者のみなさん。活発に意見が出て、楽しんでいただけたみたいです。
井上先生のまとめレクチャー。流行りの ”ポケモンGO!” ネタなども折り込み、大盛況でした。


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2016年7月31日日曜日

サイトビジット報告:西吾妻福祉病院

プログラム責任者の井上です。
明日から8月。湯沢もフジロックが終わり、いよいよ夏の観光シーズンのピークを迎えます。

先日28日に久しぶりに西吾妻福祉病院にサイトビジットに伺ってきました。
いつも高崎から吾妻線に乗って長野原草津口まで行くのですが、午後の時間、しかも夏休みに入っていることもあり、学生さんも少なく車内は空すいていました。

西吾妻福祉病院では、地域医療のススメの新多先生が現在研修をされています。研修のメインは産婦人科の外来診療ですが、それ以外の外来も行っています。
色々と産婦人科外来の中で学ぶことは多いようで、伺ってみると私自身の中でも「産婦人科ってそうなんですね・・」という目からウロコの知識もありました。
新多先生とも色々なお話がゆっくりとできてよかったです。

観光客の人も乗られましたが、帰りの夜の吾妻線も行きと同じく空いていました。ちょうどススメのWeb勉強会があったので、車内で勉強会を聞きながらのんびりと帰りました。

皆さん、暑い季節になりますが、体調に気をつけて頑張りましょう!


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2016年7月17日日曜日

サイトビジット報告

プログラム責任者の井上です。

しばらくサイトビジットの報告をサボっておりました。申し訳ありません。

この1ヶ月ほどの間に、区立台東病院、練馬光が丘病院、六ケ所村地域家庭医療センターの3ヶ所のサイトビジットに伺ってきました。
それぞれの専攻医の皆さんは、充実した研修をされているようで安心しました。
いつも思うことですが、JADECOMの施設の指導医の先生方やスタッフの方達が、専攻医の先生方のことを非常によく見ていただけており、またそれぞれの専攻医に合わせて指導していただけていることがわかり、「地域医療のススメ」の専攻医の皆さんは本当にいい指導医やスタッフに恵まれているなと思いました。



今年度からは専攻医の360度評価を始めました。
まだまだ改善すべきところも多いと思いますが、是非専攻医の評価をいろいろな面から行う方法の一つとして、確立していきたいと思います。

新専門医制度もどうなるかはっきりするまでもう少し時間がかかりそうです。
地域医療、総合診療、家庭医療などの分野に進みたいと思っている初期研修医の皆さん、「地域医療のススメ」は本当にいい指導医、スタッフに恵まれていると思います。是非、我々と一緒に勉強して、多くのことを学んでもらえればと思います。
お待ちしています!


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2016年6月19日日曜日

OHSUからDr.Jasonが来られました

プログラム責任者の井上です。

13日から17日までオレゴン健康科学大学(OHSU)Family Medicine後期研修医のDr.Jasonが1週間湯沢に来られました。
今回第7回プライマリ・ケア連合学会に合わせてオレゴンから来られました。日本は初めてとのことで、日本の文化や食事などに興味を持たれていました。
1週間の滞在の間に、湯沢町保健医療センターの外来、訪問診療などの臨床面だけでなく、小学校の内科検診や特養の回診、町の体操やアクション農園に参加してもらいました。




またゆきあかり診療所も訪問してもらい、日本の診療所を見てもらいました。アメリカと日本の外来での診察室の使い方の違いなどに驚いておられたようでした。


現在地域研修中の市立奈良病院J1の百田先生も一緒に、昨年もOHSUの先生方をお連れした雲洞庵にもお連れしました。日本の文化の一部を感じてもらうことができたとおもいます。
もちろん日本の温泉、食事、そして日本酒を堪能されました。



日本とアメリカの医療の違いや共通点を感じてもらったと思いますし、我々もいろいろな話を聞かせていただきました。
また来年もこのような交流ができ、今度は日本から専攻医の先生や修了生の先生が訪問できるといいなと思います。


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2016年6月16日木曜日

老健研修

 ススメ2年目の呉です。4月から東京の下町にある台東区立台東病院で研修中です。
 台東病院には病院と老健が同施設内にあるという特徴があり、今回初めて1ヶ月半の「老健研修」をさせていただきました。
 病棟研修を長らくしていた自分にとってまず驚いたのは、老健は生活の場であり身体抑制はしないということです。認知症による周辺症状のため何度も徘徊を繰り返していても、センサーが鳴るたびにスタッフがかけつけて対応しており、病棟でもこのようなケアができればと感じました。
 また老健と病棟との連携がスムーズであることも台東病院の強みだと思いました。例えば肺炎や心不全のため酸素投与が必要になれば総合診療科に入院し、治療後状態が安定すればまた老健に戻るという具合です。スタッフ同士が文面上ではなく院内で直接相談できるのは大変恵まれた環境でした。
 当老健でも定期的にレクリエーションを行っておりますが、先日初めて同行させていただき、病院前の鷲神社に行ってきました。


 皆さん良い表情をされていてもっとこのようなイベントを増やせればと感じました。
 今回の老健研修の経験を生かして高齢者診療に強くなっていこうと思います。

地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2016年6月15日水曜日

第7回プライマリ・ケア連合学会学術大会に参加してきました!

本文



地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>


今年度「地域医療のススメ」のチーフレジデントを務めております上野原市立病院の田邉紗代です。
先週末、浅草で行われた日本プライマリ・ケア連合学会学術大会に参加してきましたので、振り返りながらブログに書き込ませていただきます。よろしくお願いします。

まず今回は、Jadecomの台東区立台東病院の山田先生が大会長だったこともあり、ススメの専攻医、修了生、指導医の先生方の発表がたくさんあったことが印象的でした。ポスター会場をあちこち移動して、できる限り先生方の発表を聞かせていただきました。S1S2の先生方も立派な発表をされていて、私自身とても刺激になりました。また、参加者の方が、ススメ専攻医のポスターをじっくりと読まれているところを見て嬉しくなる場面もありました。

本部の方が写真を撮ってくださいました。
ほとんどのポスター貼ってくださった
井上先生、ありがとうございました。


自分自身の発表は、病院医師が在宅医と連携して自宅での看取りにつなげたというありきたりですが、SNSサイボウズLiveを使ってうまく連携したことに焦点を当ててまとめたものでした。思っていた以上に多くの質問をいただき、なかなか多職種でSNSへの参加者を増やすことができず困っている先生がおられることがわかりました。上野原でも同様なので、共有できたのもよかったように思います。今後はもっと、長期的なデータや住民アンケートをとるなど内容の濃い発表ができればと思っています。


冬季セミナーのときの写真です。

また、その発表は、今年2月に行われたプライマリ・ケア連合学会の冬季セミナーで、シティータワー診療所の島崎先生のWSのファシリテーターの手伝わせていただいたときの経験が、大いに役立ちました。この時も在宅の病診連携の話で、病院医師としての役割をしっかりと認識することが大切だと学びました。島崎先生、この場をお借りしてお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。




また今回は、ポスター発表の座長という初めての経験もさせていただきました。事前に抄録を読み、質問を準備して挑みました。午前中の最初のセッションで、時間通りに終わらせるというタイムキーパーの役割は十分果たせましたが、緊張もしていてあまりじっくりとその場で発表を聞くことができなかったことが反省点としてありました。また、質問はいくつか出たのですが、もっと活発な議論ができるよう上手に質問を投げかけられるようにしたいと思いました。

あと個人的には、2日目のOHSU reunion lunchでご無沙汰となってしまっていた先生方、お世話になった方々に会えたのがとても嬉しかったです。今後も多くの専攻医の先生が、OHSUをはじめ海外研修に行かれたらいいと思います。あとは、Jadecom外の方との交流が持てたことも貴重な経験でした。2月の冬季セミナーで島崎先生とさせていただいたWSに参加してくれた他施設の先生に声をかけていただき意見交換をしたり、懇親会でたまたまお話しした調剤薬局の薬剤師さんの発表を翌日見に行ったりできました。


このような素晴らしい機会を作ってくださった台東区立台東病院の山田先生、そして杉田先生をはじめとする実行委員の先生方にこの場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました。来年度以降も積極的にススメ専攻医、修了生が参加していけるといいと思います。また、今回の学会を機に、Jadecom「地域医療のススメ」に多くの方が興味を持っていただけたら嬉しく思います。





2016年6月5日日曜日

6月になりました

こんにちは。シニア1年目の海永千怜(かいながちさと)と申します。東京北医療センター総合診療科と、地域医療のススメの相乗りで研修しております。
初期研修2年を長野県の病院で過ごした自分にとって、新しい環境の都会の病院は、やはり人口が違うだけあって中規模病院ながら回転が早く忙しく、あっという間に2ヶ月が経ってしまいました。
また初期研修医とは違い責任も増え、自分の下に初期研修医の先生もつき、一緒になって、教育もしながら、一から病棟業務を学んでおります。

大変なこと、きついこともありますが、最近は働けば都、なのか、周りの皆さんとうまく連携が取れるようになってきて働きやすくなってきました。

東京北医療センターは総合診療科が主に患者さんを受け持ちます。専門内科、外科、放射線科など各科へのコンサルトの垣根が非常に低く、相談しやすい環境がとてもありがたいです。また、看護師さんやリハビリスタッフさんもとても忙しくしていますが、患者さんの普段の病棟の様子や、今後退院に向けて悩んでいることなど相談すると、思いもよらない違った目線の意見を下さいます。

こちらに来て素晴らしいと思ったこととしては、毎日抄読会やコアレクチャー、カンファレンスがあり、皆で勉強する時間がしっかり確保されていると言うことです。もちろんそれまでに、自分の業務を終わらせるタイムマネジメントスキルが要求されますが、このような機会をきちんと生かしていきたいと思います。

慣れるまでは、どこでもそうでしょうが、それなりにきついと感じましたが、シニアの同期や周りの皆様のおかげでなんとか日々成長していると思います。
これからの研修先でもしっかり頑張りたいです。

まだまだ余裕はありませんが、最近の近況は、院内で過ごすだけでなくて、少しの時間をつかって先輩後輩と赤羽付近のラーメン屋やおしゃれなカフェ(主にラーメン屋メインです・・)に繰り出したり、フットサルにいってみたり、土地を楽しめるように頑張っています。

今週末はプライマリ・ケア学会ですね。ススメの皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

写真は、東京北医療センターの屋上庭園から病棟を。

地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>