2017年8月16日水曜日

冬の北海道 十勝いけだ地域医療センター

ススメ専攻医3年目の坂上です。
2017年1~6月に2度目の十勝いけだ地域医療センターへ行ってきました。前回は2015年7~9月で夏の北海道を満喫しましたが、今回は真冬の北海道です。
道路は一面の雪。北海道の車には、雪道で滑らないようにオートブレーキシステムがついています。何回か車が横滑りして、ヒヤッとすることがありましたがこのシステムのおかげで助かりました。

一面真っ白の雪道を走りました。

さらには白鳥が群れを作って飛ぶ姿も拝めました。

がーがー鳴いて、飛んでいました。

十勝いけだ地域医療センターは夏よりも冬の方が病院が混みます。農業に従事している方が多いので、夏は仕事が忙しくなかなか受診されません。冬はお仕事がお休みになるため、「病院に行こう」という気持ちがわくようです。

今回は2度目の派遣であり期間も半年と長くかかわることができました。もともと面識のある職員の方々が多く、個人的にとても愛着のある病院であり地域でした。そのため、業務改善の提案をしたり、地域ケアのために講演をしたりと新しい経験もさせていただきました。さらに透析患者さんの長期的なケアを学ぶことができたのも貴重な経験でした。

こういった新しいことにいくつも挑戦できたのも、職員の皆さんの温かな支援があったからこそと思います。上級医はとても頼りになる、すぐに相談にのってくれる医師ばかりです。また各職種の関係が密接でかつ温厚で、とてもすてきな病院です。



地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年8月7日月曜日

日光から練馬光が丘へ


地域医療のススメ専攻医1年目の横田です。
東京北での初期研修を終えて、4-6月は日光市民病院で研修していました。今は練馬光が丘病院で救急/ICUの研修をさせていただいてます。

今回は日光での日々について書かせていただこうと思います。
日光市民病院に行く前は、初期を終えたばかりの私が支援という形で行かせてもらっていいのか、内科をしっかりと診るのはほぼ1年ぶり(!)ということもありとても不安でいっぱいでした。でも実際に行って見ると毎日がとても楽しく、充実した日々でした。初期研修医から一緒の川堀と一緒だったこともあり毎日わいわいしてとても騒がしかったと思います。

日光では大体5、6人の病棟患者さんを持ち、外来を週3回、内視鏡やエコーの検査が週1回というような日々でした。業務自体は忙しくなかったのですが、最初は病院のシステムに慣れるまで時間がかかりました。そして一番大変だったのは紙カルテです。紙カルテは先生の個性が出て味わい深いところはあるのですが、字がなかなか解読できず、経過が分からないということもたくさんありました。電子カルテのように全ての検査結果を書くわけにも行かず、いかに必要な情報を簡潔に書くかがとても難しかったです。必要な書類も探すには時間がかかり、電子カルテのありがたさが分かりました。

初期研修医の頃は常に指導医の先生のチェックがあり、何か間違ったことをしても指摘してもらえる立場でしたが、後期研修医になると基本的には全て自分の判断・責任になります。不安なこともたくさんありましたが、命に関わることでなければ自分の考えでとりあえずやってみる、というチャレンジも大切だと思いました。結果として失敗もしましたが、その時に学んだことはとても印象深く残っています。

練馬光が丘病院に来て1ヶ月、やっと慣れて来たところです。ススメの研修は様々な地域に行くので大変ですが、色々な病院を見ることの大切さも感じます。その地域にあった医療を提供することができればと思います。





地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年7月31日月曜日

東京北から台東へ

こんにちは&はじめまして。専攻医S2 吉岡です。
3月から6月まで4ヶ月にわたる東京北医療センター総合診療科での研修を終え、7月からは台東区立台東病院の総合診療科で研修しています。

時間が空いてしまいましたが、今回は東京北での研修を振り返ってみたいと思います。

東京北は、私が初期研修の2年間を過ごした思い出深い場所です。300床程度の病院なのでスタッフ同士顔の見える関係がとても居心地よく、ストレスがほとんどない環境でした。「おかえりなさい」と言って下さる方も多く、やはり自分のホームは東京北なんだなと実感しました。

総合診療科ではだいたい6~8名程度の患者さんを受け持っていました。後期研修医としては決して多くない人数ですが、診療の質を保てるようにチームでディスカッションを重ねました。以前に比べて、診断自体に難渋する症例が増えたような気がしますし、また悪性リンパ腫や膠原病など専門的な治療を必要とするような症例も経験しました。4月から血液内科が開業したこともあり、専攻医にとって幅広い疾患を経験できる病院になってきているのではないかと思います。
ICU症例など重症例をもう少し担当しても良かったかもしれないとは思いましたが、都内の二次救急での内科主当直も経験させて頂き、とても勉強になりました。

また、初期研修医の時には板挟みでつらい記憶でしかなかった退院調整も、スタッフの皆さんのお力添えでなんとか道筋を立てられるようになった気がします。これもひとえに練馬光が丘病院での研修が活きているなぁと感じた瞬間です。一緒に病状説明に同席して指導してくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

一方、今回初めて初期研修医の指導も担当しました。これまでは常に一番下で初期研修医の延長的な立場で研修してきましたが、後輩の指導という新たな局面に至りました。初期研修医がついて痛感したのは、自分がこれまでいかに指導医の先生方から手厚く指導して頂いていたかということです。自分に余裕がないと後輩ともその患者さんともきちんと向き合えないですし、自分の知識があいまいできちんと教えてあげられないもどかしさもありました。毎日落ち込んだり悩んだりの繰り返しで、もっとベッドサイドで一緒に診察したりできればよかったなぁと反省しています。これまで指導医の先生方が自分にして下さったように、自分もこれから後輩たちへ返していかなくてはいけない立場になりつつあるんだなと実感しました。

初期研修の頃と比べて確実に成長を実感できた一方、求められるものが少しずつ変化してきている、そんなことを思った4ヶ月でした。
東京北はとても居心地がよく、だからこそ、また外に出ていろいろなものを吸収して来なくてはいけないと思っています。学んだことを持ち帰って、仲間と共に頑張れるような、そんな場所であったらいいなと願っています。

さて、台東病院では現在、私を含め5名の専攻医が研修中です。純粋な(相乗りではないという意味で)ススメの専攻医がひとつの施設にこれだけ集まるのは本当に珍しく、お互いに学びを共有しながら楽しく充実した日々を送っています。高齢者医療の拠点として、急性期、回復期、療養型、老健とすべてを網羅的に学べる場なので、3ヶ月と短い間ですができるだけ多くのものを吸収したいと思います。


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年7月5日水曜日

練馬光が丘病院での内科研修

地域医療振興会に属して1年目、家庭医プログラムとしては2年目の高橋と申します。
 家庭医プログラムを開始して、2年目で内科基礎トレーニングとして選択した研修先が
練馬光が丘病院でした。とても教育の充実した病院であり、何よりも指導医クラスの先生が潤沢にそろった病院です。噂ではとても忙しいと言われておりましたが、その実態は、
朝の回診にみっちりと時間をかけ、すべての患者様のプレゼンをベッドサイドで行われ、
それに対してのフィードバックをもらうという教育体制が整った病院なのです。教育のために多くの時間が割かれており、患者への方針がきまれば、残りの短い時間内に指示出し、点滴、処方を速やかに行い、昼の開始に備えなければなりません。てきぱきとした時間管理能力が求められます。
 それ以外に、感染症レクチャー、膠原病レクチャー、5分間レクチャーなど教育カンファも多く準備されており、それらに参加するために時間を捻出する必要があります。また、
当直したその日の症例は朝の8時からのカンファで発表、一ヶ月に4回はプレゼンするなど、自分に課せられる負荷も尋常ではありません。何より、上級医がたくましく、全体がチームをくんで一緒に成長しようという感じの病院。
 今はその忙しさの渦の中でもがいている状況ですが、なんとかこれをものにしたいとあがきつづける毎日です。

2017年6月26日月曜日

奈良でも研修を!

地域医療のススメ 専攻医S2の佐々木貫太郎です。

現在、奈良市都祁診療所で研修しています。
診療所で研修を始めて、3カ月が過ぎようとしています。診療だけではなく、超音波検査や上部消化管内視鏡検査などの検査もスキルを磨きながら、研修に励んでいます。
今まで診療所で働いたことはなかったので、不安が強くありましたが、診療所の関係者の方々は優しく、何よりも地域住民の方々が違和感なく、自分を受け入れてくださっているので、とても仕事がやりやすいと感じています。
一日の流れは、午前中に外来や検査、午後からは予防接種や禁煙外来、往診などを行っています。病院より時間はゆっくり流れていますが、患者さんや地域との距離が近く、今まで経験したことのない雰囲気の中で研修ができていると思います。
奈良県での研修は地域医療のススメの中では、まだまだマイナーだと感じています。奈良県には、研修の先輩はいますが、同期はいません。研修をする上で他の専攻医の方々と連絡や話し合いでできることは素晴らしいと思います。ススメの研修では、ビデオ会議などの機会はありますが、やはり会って話をしたいと感じる時もあり、奈良県で研修をする専攻医が増えてほしいと思っています。研修を少しずつ盛り上げて、徐々に奈良の専攻医の数が増えたら良いなと思います。
興味がある方は是非とも奈良まで足を運んでみてください!

写真は、診療所から撮影した目の前の林です。意味は何もないです。文字だけでは寂しいので写真を入れてみました。

地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年6月21日水曜日

近況報告

ススメ研修医の富田です。
4月から6月にかけては与那国町診療所で研修をしています。与那国での近況報告をしたいと思います。

当初、離島(台湾のすぐ隣の日本最西端の島)に行くということで、3か月間生活をしていけるのかどうかも心配していましたが、意外と日常生活には困らず過ごせています。住居は診療所の中にある一室をお借りしているので宿代はなく、近くに食事処、居酒屋も数件ですがあるので、自炊をしない自分でも食事にもあまり困らず生活できています。島で手に入らないものもアマゾンで数日はかかりますが購入できます。
また自分以外にも学生や初期研修医が日本各地から来ており、常に4人ほどは研修に来ている状態なので、一緒に飲みに行ったり、釣りして海を泳いだりと楽しく研修できています。
与那国町診療所での研修にあたっては、診療だけでなく与那国の民具・織物作りや民謡楽器、与那国馬の乗馬体験、長命草の収穫、高齢者のお宅を訪問して与那国の話を聞いたり、島の保育園に行って園児と遊んだりと、与那国のことが知れるようにいろいろな体験をさせて頂くことができます。
設備に関して診療所でも一般的な血液検査はでき、CTも設置されているので、一連の検査はだいたい可能です。ただやはりあらゆる訴えの患者さんがくることや、基本的に常に24時間対応であること、搬送に飛行機やヘリを使わないといけないことなど離島でしか経験できないような医療を経験できます。また与那国町診療所ではFasciaリリースを研修することができるのも大きな魅力です。

与那国での研修も残すところ1週間ほどとなりましたが、本当に楽しく過ごせて様々な貴重な体験もでき、また、新たな知識・手技を身に付けることができ充実した研修ができたと感じています。離島での生活、医療など興味ある方がいましたら、ぜひ与那国島での研修をおすすめします。

Drコトー診療所

与那国島の集落

島の風景①

島の風景②

六畳浜

日本で最後に沈む夕日




地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

2017年6月17日土曜日

只今、北海道で研修中

 専攻医3年目の山田恭裕と申します。現在は北海道の十勝いけだ地域医療センターにて研修させて頂いてます(今年4月~来年3月まで)。
 北海道の冬を体験したく今年4月から北海道に上陸いたしました。最近暑く汗ばむ日も多くなり、北海道もやっぱり夏は暑くなるのだな~と憂鬱です。
 自分の研修病院は、S1:350床、S2:200床、S3:60床程度と徐々に病院の規模が小さくなっていくるように選択しました。徐々に病院規模が小さくなるにつれ、自施設で対応できる検査も減っていき、高次病院に精査・加療をお願いする事例が増えています。寂しい思いも多いですが、無事治療が終了し自分の前に元気な姿で戻って来た患者さんと再会すると「元気そうやん、よかった、よかった」とテンションがあがります。自分で入院管理し、退院した患者さんと再開してもあまりテンションは上がりませんが・・・、不思議です。また、高次病院に転院させた方や紹介した方の紹介状の返書がやたらと待ち遠しくなります。フィードバックが欲しいからなのか寂しさからなのかわかりませんが、不思議です。
 いろいろな地方で生活し、様々な経験をしたいと考えている医学生や初期研修医の方がいれば「地域医療のススメ」はオススメです。是非見学にきてください。


地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>