2015年4月26日日曜日

大和高原カンファレンス

S2 井上博人です。

市立奈良病院では毎月第3週の火曜に「大和高原カンファレンス」という、
近隣地域の診療所の先生方と総合診療科医師 など病院医師が集まる会が開かれています。

カンファの内容は、紹介患者さんが現在どうなっているのか?といった事や、
普段の診療しているときに悩んでしまったことに対して、
他の先生はどうしているのか?などを議論し毎回盛り上がっています。

今回は、Centor Score高得点であったが、迅速検査では陰性であった場合どう解釈するのか?といった内容や、総合診療科 西村先生からPCCMについてのワンポイントレクチャーなどがありました。

「そういえば、以前こんな症例があった」「最近こんな患者さんがいる」「こんな工夫をしている」と言った内容を聞くこともでき、
病院とは違った視点で考えることができ大変勉強になっています。







地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

1 コメント:

井上陽介 さんのコメント...

湯沢町保健医療センター井上です。
診療所群のネットワークいいですね。毎月定期的に開催されるのが素晴らしいと思います。市立奈良病院の先生方も参加されているので、送る側と送られる側での顔の見える関係ができるのもいいですね。
場所は各診療所で持ち回りなのでしょうか?終わったあとは懇親会するのかな?なんて思いながら読ませていただきました。

コメントを投稿