2015年6月24日水曜日

津保川の近況

S2の新多です。

津保川診療所の研修も4カ月が過ぎようとしています。近況をお伝えします。


梅雨の晴れ間は新緑が美しく、津保川はアユ釣りの人で賑わっています。

患者さんからお手製の朴葉寿司(ほおばずし)を頂きました。朴葉寿司は、字の通り、朴の木の葉(長径約30cm)に包まれたお寿司です。こちらの朴葉寿司は、鱒とショウガが酢飯に混ぜ込んであります。こちらに来るまでは、酢飯の上に数種の具材がのっているものしか知らなかったので、こちらで初めて頂いた時は、大変新鮮な気持ちになりました。


虫の活動も活発です。最近、ダニに刺された人が続きました。特に1.5cmほどのダニが89歳の女性のお尻についていたのには驚きました。なかなかとれず、結局切開し1針縫合までしました。その後も元気に通院しているので、日本紅斑熱の心配はなさそうです。







地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

1 コメント:

井上陽介 さんのコメント...

新多先生

津保川での研修お疲れ様です。今年はダニ多いですね。
湯沢でもツツガムシ病1名、外来でダニに刺されたとダニを持ってくる人2名と流行って?います。
なかなか綺麗にとるのは難しい時がありますね。

地方の医療機関ならではですが、いい経験をされていると思います。

コメントを投稿