2017年6月26日月曜日

奈良でも研修を!

地域医療のススメ 専攻医S2の佐々木貫太郎です。

現在、奈良市都祁診療所で研修しています。
診療所で研修を始めて、3カ月が過ぎようとしています。診療だけではなく、超音波検査や上部消化管内視鏡検査などの検査もスキルを磨きながら、研修に励んでいます。
今まで診療所で働いたことはなかったので、不安が強くありましたが、診療所の関係者の方々は優しく、何よりも地域住民の方々が違和感なく、自分を受け入れてくださっているので、とても仕事がやりやすいと感じています。
一日の流れは、午前中に外来や検査、午後からは予防接種や禁煙外来、往診などを行っています。病院より時間はゆっくり流れていますが、患者さんや地域との距離が近く、今まで経験したことのない雰囲気の中で研修ができていると思います。
奈良県での研修は地域医療のススメの中では、まだまだマイナーだと感じています。奈良県には、研修の先輩はいますが、同期はいません。研修をする上で他の専攻医の方々と連絡や話し合いでできることは素晴らしいと思います。ススメの研修では、ビデオ会議などの機会はありますが、やはり会って話をしたいと感じる時もあり、奈良県で研修をする専攻医が増えてほしいと思っています。研修を少しずつ盛り上げて、徐々に奈良の専攻医の数が増えたら良いなと思います。
興味がある方は是非とも奈良まで足を運んでみてください!

写真は、診療所から撮影した目の前の林です。意味は何もないです。文字だけでは寂しいので写真を入れてみました。

地域医療型ブログラム「地域医療のススメ」はこちらから >>

1 コメント:

井上陽介 さんのコメント...

佐々木先生

湯沢町保健医療センター井上です。
患者さんや地域との近い距離の中で研修をされているとのこと、素晴らしいですね。やはり距離の近さを感じられるのは診療所や小病院ならではだと思います。
是非継続的な関わりや、慣れてきたら都祁の地域を見回して見て、何が必要か?何が自分や診療所ができることなのか?など考えてみると良いと思います。

奈良で研修する人が増えるように私も頑張りたいと思います。

コメントを投稿